ザ・サーフコースターズ バイオグラフィー
1993
地元である横須賀のバンド仲間だった佐藤トモ、中重雄、花岡昭和、菊池明によって遊び半分で結成したベンチャーズ・コピー・バンド「中重雄とサンセット・イン」がサー フコースターズの母体となる。
1994
八木麻紀が加入し、「ザ・サーフコースターズ」を正式に発足、デモ・テープを作成し、積極的にライヴ活動を行っていた。某日、ライヴハウスで演奏をしていたところ、テ レビの新番組の出演者を探していた人物に声をかけられた後、その番組『えびす温泉』に出演し、デビューのきっかけを得る事となった。
1995
3月、ミニ・アルバム『サーフ・パニック’95』でデビュー、その後シングル「チェイシング・シャドウ」「イントルーダー」や、アルバム『サーフサイド・ヴィレッジ』を リリース。当時珍しかったエレキ/サーフ・インストの新たな担い手となるものの、年末のライヴを最後に佐藤が脱退。
1996
サポート・ミュージシャンを迎えて『サーフェイス・インプレッション』を制作するが、リリース直後に花岡と八木が脱退、しばらくは中ひとりで活動する事となる。石野卓 球やケン・イシイなどが参加したリミックス・アルバム『サーフデリシャス』や、プレイ・ステーション・ゲーム『ランナバウト』のサントラをリリース。
1998
ライヴでサポート・メンバーとして参加していた栗田伸広、みやけこういち、酒井昌史が正式加入。レコード会社をファンハウスに移籍し『サーフデリック』をリリース。
1999
『ザ・サーフコースターズ』、インディーズにて『スーパー・ランナバウト』をリリース。また中は、小西康陽プロデュースによるソロ・アルバム『プレイズ・ポール・モー リア』をリリースしている。
2000
酒井が脱退、残りのメンバーでツアーを行い、初のベスト盤『フライ・アップ』や、インディーズで『サーフ・イズ・デッド』をリリース。またアニメ『地球防衛家族』、『 破壊魔定光』のサントラを録音するなど積極的に活動。
2001
みやけが脱退、新たにセキナオタカと西田貴世美が加入。西田のオルガンをフィーチャーした『イースター』をリリース。
2002
元ソフトバレエの遠藤遼一をゲスト・ヴォーカルに迎えたドアーズのカヴァー・シングル『ハートに火をつけて』とアルバム『レスプリ』、ゲーム・サントラ『ランナバウト 3』をリリース。
2003
その後半年のブランクを経て心機一転、中、栗田、セキの3人でコロムビアより『サーフ・アタック』をリリース。この年にはサーフコースターズとして初のアコースティッ ク・アルバムとなる『PM』のリリースや、村上龍原作の映画『69sixtynine』のサントラを手がける。
2004
結成10周年を迎え、新録を含むベスト盤『ミザルー』をリリースすると共に、サーフ・インストの本場であるアメリカ・ツアーを初敢行、サンフランシスコ周辺のみのツアー だったが、好意的に受け入れられる事となった。凱旋公演となる同年の国内のライヴの模様は、DVD『オン・ステージ』としてリリースされている。年末には『PM』の続編と なるアコースティック・アルバム『プライヴェート・レコーディングス』をリリース。
2005
ゲーム『武蔵伝IIブレイドマスター』のテーマ曲を担当、その曲を含むアルバム『サムライ・ストラック』をバップよりリリース、日米同時リリースし、約1ヶ月に及ぶ北米 ツアーを行い好評を博すが、同年8月の国内におけるライヴをもってしばらく活動を休止。
2006
酒井をゲストに迎えた前年のライヴを収録した、サーフコースターズ初のライヴ盤『ライヴ』をリリース。
2008
再集結し、『ブレイクアウト』(アメリカでのタイトルは『OutsideBreak)をリリース、3度目の北米ツアーを行う。
2009
テレビ・ドラマ『華麗なるスパイ』のサントラを手がける。
2010
全曲新録音のベスト盤『ゴールド』をリリース。 ここにはサーフコースターズの初期のレパートリーでありながら、当時録音していなかった未発表曲「サーフサイド・ヴィレッジ」が収められている。
2014
結成20周年を迎えた今年(14)12年リリースの中のソロ・アルバム『ミッション・ワン』に参加していたモーリーと伊藤こずえが、新メンバーとして加入。彼等のプレイは Disc-2に収録された新曲「オレンジ・フロート」で聴く事ができる他、夏には08年以来のアメリカ公演を敢行。
2015年
モーリーが諸事情により脱退。再び3人での活動を開始。

現在のメンバーは、中シゲヲ(Guitar)、栗田伸広(Bass)、伊藤こずえ(Drums)。